リーディングの一覧

バンクーバーの有名TOEIC講師『モモセ先生』がTOEICのDVD本を出版されました!

さて、僕を含めバンクーバーでTOEICを勉強した人であれば、『99』という学校の話しを聞いたことが有る人は多いと思うのですが、その学校はTOEICの学校としては非常に人気の学校なんですね。

で、この学校が人気の秘密は間違いなく、バンクーバーでTOEIC講師として右に出る人は中々いないんじゃないかって思えるような人、『モモセ先生』が在籍しているからに他ならないわけです!

今日はそんなモモセ先生がDVD本を発売したって事で、個人的に興味があったので、折角だしこのブログでも軽く紹介させて貰えればと思うわけです。

本のレビュー自体は正直面倒くさいのであまり進んでやる事は無いんですが、今回は僕にとってのTOEICの母であるモモセ先生のDVDって事で例外にしますw とりあえず、ちょっと覗きながら見てみようと思います。

とりあえず英語苦手って人は『第二文型』から覚えていくと良いかもというお話

五文型って聞いたことありますよね?なんともまぁ、面倒くさい事この上無いんですが、英語圏でノリと雰囲気で生きてきた人にとって、この文型という物は理解の外にあることが多々あります。

『んー、言ってることはわかるんだけど、気にしなくてよくね?』みたいな?

それこそ、高校時代から英語に慣れ親しみ、現在はネイティブ並と言われる英語力を持つ人であっても、文型?いるのそれ?美味しいの?って人が居るのは事実。一概に英語が喋れる人と言っても、意識の仕方は人それぞれなのをかれこれ6年、カナダに住んでみて知りました。

んじゃぁ、僕はどうかと言えば、21歳からカナダに住み、曜日も言えないような段階からとりあえず英語に慣れ親しみ、適当に1年くらい住めば生活一般の英語レベルならなんとかなるようになるんです。

…なるんですが、僕の場合はそれが限界でした。どんな限界だったかはこっちに書いたので、参考までに聞いてみたい方は読んでみてください。

で、今日話たいのはそういうノリ良すぎで英語なんて感覚で身につけちゃう人のお話では無くて、日本人らしく文型や理屈を頼りに自分の文章を作って行く人のタイプ。この手のタイプは、本当にいつまで経っても頭で文章を作って口にする。ただし、なれると信じられないスピードでその肯定を踏む人たちのお話。

【名詞編】品詞って一体そもそも何?名詞なんて楽勝!っと軽く見てると後で大変って話

toeicnoun

皆さん、品詞ってご存知ですか?名詞とか動詞とか形容詞とか、僕は日本で中学高校と真面目に勉強しなかったタイプの人間なので、この辺の品詞ってヤツがとても苦手です。

英語に関しても、『とりあえず単語だけ覚えればいいな』と品詞も意識せず勉強してましたし、僕は英語からっきしの状態からバンクーバーに渡って、始めの数ヶ月はほぼ以下の2つの文章だけで生きてきました。

  • I would like to [したい事]. = 訳:[したい事]をしたいです。
  • Can I have a/an [物の名前]? = 訳:[物の名前]をくれませんか?

例えば銀行に行けば窓口のおねーちゃんに『Excuse me? I would like to make a bank account.(すんません、銀行口座を作りたいです。)』とか、バスのチケット(バンクーバーではコンビニとかでバスチケットやパスを買う)が欲しければ『Can I have a bus ticket?(バスのチケットください。)』って言ったり。

そんな感じでずっとこの2つの文章だけ使ってなんとか生きてきたんですが、気がつくとこの。

  • 『I would like to [したい事]』っていうのは『I would like to [動詞]』で
  • 『Can I have a [物の名前]』っていうのが『Can I have [名詞]』

なんだと気が付きました。

なーんだ、動詞とか名詞とか、普通に使ってるじゃん。って気がついたのが一番最初の『品詞』ってヤツとの出会いだったわけですね。