インタビューの一覧

北米で2000人の日本人に英語を教えてきた敏腕英語教師が語る、英語が出来る人、そして英語が出来ない人の差

バンクーバーにずっと住んでいると、たまに不思議に思うことがあります。それは英語を学ぶ人達の習得までの歴然とした差です。

例えば日本で英語なんか全然勉強しなかったという人が、こっちにきてスポンジのように英語を吸収し、数ヶ月でカナダ人の友人を何人も作るような人もいれば。日本で有名大学の英文学とかを専攻し、間違いなく頭が良いであろう人が、英語圏でバイトの一つも見つけられないという人もいます。

つまり何が言いたいかといえば、英語が喋れるようになる人と、喋れないままな人の差がどこにあるか分からなかったのです。

性格なのか、勉強の仕方なのか、年齢なのか、性別なのか、学ぶ順序なのか、境遇なのか…

それが一体何なのかが分かれば、もしくはヒント程度でも見つかればもしかしたら世の中にごまんといるであろう『英語が喋れるようになりたい』という人にとって、もうちっと的確なアドバイスになりえるんじゃないかと思ったわけですね。

というわけで、今日はカナダのバンクーバーで英語教師として8年間。文法や発音、カンバセーションからTOEICまで、様々な面から2000人以上の日本人に英語を教えて来たリチャード先生にお話を伺ってみました。

ずばり、リチャード先生から見た『英語が喋れるようになる人』そして『英語が喋れるようにならなかった人』の違いはどこにあると見るか、その内容を共有させて頂こうと思います。

一応僕自身、英語圏に5年以上住んで『英語ってどうやって勉強しましたか?』なんて聞かれる事も多いので、ちょっとコメント残した物もありますが、僕自身「あー、確かに」って思うような指摘ばかりでドキッとしました(笑)

英語を学ぶとか、習い事に通うとかって前に、自分は言語を学ぶ上でどう振る舞うべきなのかみたいなのを考えながら見てもらえると良いかなと思います!

TOEICを仕事で活かす!?TOEICを勉強してなかったら今が無かったと言う人の声! Vol.1

こんにちは、セナです。今日は僕が通った99というTOEICの専門学校の卒業生にインタビューして、色々とお話を聞くことができたので、それを共有したいと思っています。

でも、その前に、皆さんは何のためのTOEICを勉強するのかを考えたことはあるでしょうか?

僕は既にカナダに住んで5年間、ずっとWEBデザインという仕事に就いて来て、英語第一言語の国に居る経験があった上で思うのですが、皆さん、ぶっちゃけ”英語力”ってとりあえず一括りにしてませんか?

先月のお話ですが、日本から友人が来てカナダのレストランと観光地に連れていく事になりました。そこで単純に、『Can I order?』と口にし『What kind of beer do you have?』と聞いたのですが、日本から来た友人はたったのそれだけで「すごーい!英語話してる〜!かっこいい〜!」と言ってくれるのです。