たまーに疑問に思うんですが、日本語だと同じ単語を何度も使うのってやっぱ変じゃないっすか。

例えば、「A君は非常に頭が良い、加えてかっこいい、加えて友達も多い、加えて金持ちな凄い人だ。』みたいな文章って、『加えて』って単語何度も使ってて、なんか別におかしくないけど、もっとボキャ増やせよって思いますよね。でも間違いじゃない。

「A君は非常に頭が良くてかっこいいし、友達も多い上にお金持ちなすごい人だ!」みたいな方がまだ自然っすよね?TOEIC等の『真実(正解)はいつも一つ!』ってノリのテストだと、たまーにそんな一辺倒な表現しか出来ない人にならないか、たまに心配になります。

というわけで、今日はちょっとTOEICから離れてしまうかもしれませんが、ある英語の学び方のメソッドをご紹介しましょう!先日、IELTSという英語検定の本を読んでいた時に見つけた方法なんです。

Check Your English Vocabulary for IELTS

いきなりですが、例えば以下のようなフレーズや単語があったとします。

along with / also / and / as well as / besides / correspondingly / equally / furthermore / in addition / in brief / in conclusion / in the same way / likewise / moreover / similarly / thus / therefore / to conclude

これらのフレーズや単語を、『Addition(加える物)』と『Equation(均等な物)』、そして『Conclusion(結果を表す物)』の3つに分類していきましょう。

すると、結果としては以下のようになるかと思います。